スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

面接 ① 服装・面接の流れ

面接 ①

   

服装・面接の流れ




面接は応募者はもちろん、企業にとっても重要なものです。

担当者は短い時間の中で、応募者の人間性、志向、適正を見極めます。


緊張するのは誰でも同じ。


必ず質問されるようなことは事前に整理しておきましょう。


そして、面接時のマナーが成功の鍵です!


面接でのマナーは、挨拶、言葉使いだけではありません。

服装や髪型、立ち振る舞い、姿勢、会話中の表情など、担当者は様々な要素から応募者の印象を判断します。



● 面接時の服装

キーワードは 「 清潔感 」 です!


  • ・ 髪 型

    ロングでも坊主でも構いませんが、「 清潔感 」 が大事です。

    長すぎる前髪や、明るすぎる茶髪も避けた方がいいでしょう。



  • ・ スーツ

    面接はスーツが基本。

    私服勤務の会社でも面接時はスーツが無難です。

    「面接私服可」という場合でも、Tシャツ、Gパン、スニーカー、サンダルは避けましょう。



  • ・ シャツ&ネクタイ

    白シャツが基本ですが、シンプルで清潔感のあるものであれば色柄付きでもOKです。

    ネクタイもシンプルな柄を。



  • ・ 靴

    黒、あるいは茶色でひも靴タイプがいいです。

    汚れ、履き古したようなくたくたなものは避けましょう。

    女性は、サンダルやミュールはNGです。





● 面接の流れ


  • ・ 訪 問

    面接予約時間の10分前には面接先に着いていましょう。

    遅刻はもちろん厳禁ですが、早すぎるのも迷惑です。

    やむを得ない事情で遅れる場合はすぐに電話を入れ、担当者に事情を説明し、時間を変更してもらいましょう。

    控え室などで待つときも面接だと思って、だらしない姿勢で座ったり、タバコを吸ったり、携帯を触ったりはいけません。



  • ・ 入 室

    軽く2回ノック。「どうぞ」と声をかけられてからドアを開けます。

    「失礼します。」と言って室内に入ります。

    一礼してから、「○○と申します。よろしくお願いいたします。」と挨拶。

    「どうぞおかけください。」と言われたら一礼して座ります。

    こちらが先に入室して待つ場合は、面接官が入ってきたら一度立ち上がり、同様の挨拶をします。



  • ・ 面 接

    自分が話すときも、相手が話しているときも目を見て堂々とした態度でいましょう。

    うつむいたり視線をそらしたりすると頼りない印象になります。

    ハキハキと自分の意思が伝わるように話そう。

    分からないことを質問された場合は知ったかぶりをせず、「これから勉強していきたいです。」と逆に

    前向きな姿勢をアピールするといいです。



  • ・ 退 室

    質疑応答が終了したら、「ありがとうございました。」と一礼し、ドアの前まで進んだら面接官にも一度一礼。

    面接官に出口まで送られた場合は一言お礼を言いましょう。

    帰る際、受付などを通る際、「失礼いたします。」と挨拶をしましょう。

    その会社を出るまでは気を抜かず、面接のつもりで!





事前の準備と、マナーが面接成功のポイントです!

短い時間で最大限のアピールを!

仕事に対する意欲と自分の魅力を伝えましょう!



面接 ② 質問に対する準備・心構え

面接 ③ 面接のテクニック

面接 ④ 面接時の注意事項





スポンサーサイト


基礎知識 | 2012-08-28(Tue) 09:41:14 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 求人情報サイト!就職、独立、アルバイト、あなたの職さがしサポートします! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。